見つけた 犬としあわせ

こころがどきどきするもの、見つけたとき、 それを作品にしたり、思わずなにかの形にして、人に 伝えたくなります。 見つけたとき感じた、しあわせ感覚が、ひとしずくでも 誰かに伝わったら、ダブルでハッピーです。

July 20, 2017

Détour:迂回路


きゃーっ、とてもかわいくてたのしい映画! 見つけた

◇映画監督ミッシェル・ゴンドリーが自分のiPhoneでチャーミングな映画を作り、もしかすると、自撮り写真を撮るのではなくて 私たちが映画を作れることを証明する
in Apple、映画、テクノロジー | July 20th, 2017

近ごろ、ミッシェル・ゴンドリー監督はどうしているのか?どうやら、ポケットにあるそのスマホで、君が まじめな映画を作るようにスマートな作品を作れることを示そうとしているらしい。

『エターナル・サンシャイン』やノーム・チョムスキーをアニメーションとして表現した『Is the Man Who Is Tall Happy?』の監督が、まったくiPhone7Plusで撮影した短編映画、『Détour(迂回路)』を公開したところだ。英語の字幕が付いた『Détour』は、12分自由に駆けまわって 「幼い持ち主を捜してフランスの道路に沿って始めさせるような、小さな三輪車の冒険」のあとを追う。作品を見てください、それから自問してください、本当にこれが従来のカメラで製作されてないのか?と。

Europe1によると、映画は製作におよそ2週間かかった、そして撮影の間、ゴンドリーはヴィデオ・ソフトFilmic Proを使った、それはアップルのappストアで14ドル99セントかかる。

『Détour』は、私たちのコレクション、1150本の無料オンライン映画に加えられる。

Open Cultureをフェイスブックやツイッターでフォローしてインテリジェント(端末装置など情報処理機能をもつ)メディアを あなたの友人とシェアしてください。

http://www.openculture.com/2017/07/michel-gondry-makes-a-charming-short-film-on-his-iphone.html
youtubeで視る方はこちら⇩
https://www.youtube.com/watch?v=KrN1ytnQ-Tg

◇デイビッド・ボウイとブライアン・イーノのコラボ作品、『ワルシャワ』録音時の様子をアニメーション化して見せた作品はこちら⇩で視られます。
(トップの絵はアニメの一コマです。)
http://www.openculture.com/2014/09/david-bowie-brian-enos-collaboration-on-warszawa-reimagined-in-comic-animation.html

0 Comments:

Post a Comment

<< Home